看護師求人の情報入手の方法について

看護師の就業に関しては、新規の場合や転職の場合などがありますが、求職をする場合にはどのような方法があるのか事前に把握をしておく必要があります。
看護師求人の情報入手に関しては、まず、広く知られている機関としてはハローワークがあり、転職などの場合には雇用保険手続きをしながら求職をすることができます。次に、民間派遣会社の利用があり、ここでは、大きく、求人情報サイト、人材紹介会社、人材派遣会社の3つがあり、登録をすることで、きめの細かなサービスを受けることができます。多くは看護師の他の求人にも対応していることが多いものの、専門のスタッフを設けている会社も多く、給与面や福利厚生、また、働ける環境などを加味した上で求職先の紹介を受けることができるようになっています。
3つ目としては、医療機関が独自に設ける転職合同説明会があります。転職合同説明会は、一般的には複数の医療機関によって開催されることが多く、実際の医療従事者と話しをすることができるというメリットがあります。反面、首都圏での開催が多く、地方在住者が利用しにくいデメリットがあります。4つ目としては都道府県のナースセンターの活用があります。ナースセンターは公的な支援機関として各都道府県に設けられており、ここでは、就職先を探している看護師と、採用を考えている医療機関双方が登録をし、求職の紹介を行っています。
看護師求人の情報収集においては、1例として民間調査機関のデータでは、看護師紹介会社の利用が最も多く、次が看護師同士の口コミ、インターネットの求職サイト、ハローワークの順になっています。

Posted by: Norman on

タグ: